かなざわ百万石ねっと ストリートビューで行く 兼六園(トップページ)
百万石ねっと(top) 金沢おてがるガイド 金沢の周遊バス・100円バス 金沢市内のバス停 ホテルを探そう かなざわ・あれこれ あしを伸ばせば~福井県 あしを伸ばせば~石川県 あしを伸ばせば~富山県 あしを伸ばせば~岐阜県 トップページ 金沢城 兼六園

移動 蓮池庭・瓢池・噴水
移動 霞ヶ池・ことじ灯籠・唐崎松
移動 千歳台・曲水・日本武尊の像
平成の庭・梅林・金城霊沢
このエリアの トップ
このエリアの 一覧表
このエリアの 地図
地図 平成の築庭
(01) 長谷坂
(02) 長谷池
(03) 時雨亭
(04) 平成の庭
(05) 松の傷
(06) 舟の御亭
地図 梅林
(07) 梅林
地図 無料エリア(料金所の外)
(08) 津田玄蕃邸跡
(09) いぼとり石(疣石)
金城霊沢
(11) 鳳凰山
(12) 放生池
移動 蓮池庭・瓢池・噴水
移動 霞ヶ池・ことじ灯籠・唐崎松
移動 千歳台・曲水・日本武尊の像
平成の庭・梅林・金城霊沢
このエリアの トップ
このエリアの 一覧表
このエリアの 地図
地図 平成の築庭
(01) 長谷坂
(02) 長谷池
(03) 時雨亭
(04) 平成の庭
(05) 松の傷
(06) 舟の御亭
地図 梅林
(07) 梅林
地図 無料エリア(料金所の外)
(08) 津田玄蕃邸跡
(09) いぼとり石(疣石)
金城霊沢
(11) 鳳凰山
(12) 放生池
 ストリートビューで行く兼六園特別名勝 兼六園平成の庭・梅林・金城霊沢金城霊沢 このページを
お気に入り
に追加

 ■ 金城霊沢(きんじょうれいたく) ▼ストリートビュー ">〔大きな別窓でみる〕

公式トップ
公式マップ
公式詳細
金城霊沢
真夏でも涸れず、長雨にもあふれず、いつも清水をたたえている泉。 昔は自然にわき出る野中の沢だったものを、1819年(文政2年)12代藩主が整備したもの。 井戸の円い輪は内径1.46m で、井戸の深さは約2m。 今から約1000年前、芋掘藤五郎氏がここで「芋(ヤマイモ)を洗っていたら」砂金がでてきた、 その「金洗いの沢」が「金沢」の地名の由来なのだと、多くのガイドブックでは 説明してます。

/kenrokuen/gazo540/gazo090818/ken-kinjoreitakuDSCF9027.JPG
▲写真:80 2009年08月18日
/kenrokuen/gazo540/gazo090818/ken-kinjoreitakuDSCF9031.JPG
▲写真:81 2009年08月18日
/kenrokuen/gazo540/gazo090818/ken-kinjoreitakuDSCF9033.JPG
▲写真:82 2009年08月18日
/kenrokuen/gazo540/gazo090818/ken-kinjoreitakuDSCF9037.JPG
▲写真:83 2009年08月18日
/kenrokuen/gazo512/gazo011125/ken-kinjoreitaku023.jpg
▲写真:84 2001年11月25日
/kenrokuen/gazo512/gazo011125/ken-kinjoreitaku025.jpg
▲写真:85 2001年11月25日
/kenrokuen/gazo512/gazo020811/ken-kinjoreitaku047.jpg
▲写真:88 2002年08月11日
「金城霊沢」の近くにある灯籠。 面白い形をしてますね。
/kenrokuen/gazo512/gazo011125/ken-kinjoreitaku024.jpg
▲写真:89 2001年11月25日
この立て札の文章に注目!「芋を洗っていた」のではなく、「砂金を洗い」となっています。
 ストリートビューで行く兼六園特別名勝 兼六園平成の庭・梅林・金城霊沢金城霊沢


ストリートビューで行く兼六園 の 管理人へのメールリンクページこちら です
このページの情報は サイト管理人が調査したものであり、「記載ミス」や「重要な変更」があるかもしれません。
正確な情報・最新の情報は、必ず公式サイトなどでご確認ください。(このページの最終更新日:2017/01/06)
copyright 2001-2017 かなざわ百万石ねっと (kanazawa million stones network) all rights reserved.